フィリピン求人情報部 | 在比日系企業に就職したい!

自らを高めたいなら在比日系企業へ就職

フィリピンといえば日本人の語学留学先として最も人気がある国の1つです。英語力をアップさせて日本での就職活動に活かしたいと思う方が多いです。しかし一方でフィリピンでの滞在が気に入ってしまいフィリピンで生活したい、そこで仕事をしてみたいと思うビジネスマンも多いです。(学生のうちに経験している方も含め)そうなるとフィリピンで日本人が働くにはどうすればよいだろうかと言うことになります。 まず第一に考えたいのが日本企業への就職となります。いまフィリピンに入ってきている日本企業を探してみて下さい。概ね昔から貿易系の会社や商社、メーカー系は多くあるはずです。その中から会社の中途情報などをチェックしてみてください。フィリピンでの勤務社を募集という項目があればしめたものですが、あまり見つからない場合が殆どです。そうなればどうするか次に考えたいのはその会社の子会社やフィリピンに設立したグループ会社となります。サイトを辿っていけばフィリピンに設立した会社の情報が得られるはずですので、そこで求人情報を探して下さい。 そこはおそらく現地に住んでいる日本人向け(すでにビザを持ってる人)の求人が多いことでしょうけど、中にはビザの支援をしてくれる仕事もあるかもしれません。この場合「現地採用」という待遇になってしまいますが背に腹は代えられない方はこの人材の枠を狙いましょう。 他には人材会社に登録しておくことも忘れずに。リクナビやマイナビでは駄目です。海外専門の求人を扱う所に狙いを定めて登録しておくことです。日本で仕事をしながらチャンスが来ればその会社と面接を行ってみて興味がわけば今の会社を退職するような流れにするのが安心できます。

フィリピン求人を探すなら製造業

フィリピンの仕事(製造業)に関する内容を書かせて頂きます。フィリピンは日系企業が1400社程度有り、その内製造関係が600~650社程度となります。12社程度が自動車メーカー(国内は沢山の日本車が走っています)で、その次に多いのはプリンタメーカーです。フィリピンで物を作りをするメリットとしては人件費が安いということ、英語が喋れることだと考えています。デメリットとしては電気代が高いということです。人の手でする仕事は安く出来ますが、装置等を入れて自動化することは向いていないと思います。人件費が安いことで多くの企業が集まってくることは勿論、英語が話せるので、日系企業以外に非常に欧米企業が目立ちます。英語が通じるというのは他のアセアン諸国には少なく、非常に大きな魅力だと感じます。欧米人からするとコミュニケーションのストレス無い分、低賃金且つ、特に教育の部分で仕事が進めやすいと考えます。また、進出する企業としてありがたいのが、国と労働局間でバランスをしっかり取る為、最低賃金が急に上がらないということと、治安面が非常に不安視されていましたが、ドゥテルテ大統領の政策により、改善され良くなってきています。これからもフィリピンへ進出する製造関係の会社へ注目したいと思います。

フィリピンで仕事に就くにはまずは求人情報を収集することですが、「フィリピン求人ナビ」というサイトは様々な業界の求人について助言をしているので製造業を始め興味がある業界を調べることができるでしょう。右記からご覧ください。フィリピンでの求人サイト

仕事でフィリピン滞在中のお楽しみとは

仕事で何度もフィリピンを訪れていますがフィリピンのマニラに立ち寄ったことがあります。特に観光するところは少ないのですが、物価が安いためお買い物には適していると思いました。(東南アジアはたいてい物価が安いのですが、日本で着られる洋服などはベトナム、インドネシアは少なめです。)マニラでショッピングやお土産探しするなら庶民向けのデパート「ザ ランドマーク」がおすすめです。大型ショッピングモールの「グロリエッタ」と「グリーンベルト」の中間地点に位置します。上記のショッピングモールも良いのですが、ザランドマークが一番庶民的なので(セールをしている場所では1000円以下のデザインキャミソール、Tシャツ、子供用ワンピースなどがたくさんあります)自分用の洋服や子供服のまとめ買いができます。デザインも日本でも着用できるものが多いです。地下にはフードコートもあるので、「グロリエッタ」と「グリーンベルト」も併せてショッピング好きな方は丸一日過ごせると思います。もっと高級品が欲しい場合は周囲に高級デパートもありますので、この区域でお土産はほぼ揃うでしょう。しかし、民芸品のようなものは少なかったと思うので、そちらは別の場所を探してみて下さい。